250名の実務コンサル集団

2.3 原材料調達

2.3 原材料調達

 

原材料調達コンサルティング

①購買管理
購買管理とは、原材料の仕入れ、資材の仕入れを会社の経営に有利なように調達する活動全般のことを言います。大企業にとっては、品質・安全性管理が原料調達部門の最も重要な内容になりますが、資本力の弱い中小食品企業にとっては、購買管理が最も重要です。具体的にはサプライヤーの選定基準、サプライヤーとの交渉の仕方、サプライヤーの有効な活用方法などについてのコンサルティングを行います。

②在庫管理
次に重要なのが在庫管理です。経営状態の良い企業か悪い企業かは、在庫の管理の仕方を見れば直ぐにわかります。在庫管理のポイント、不良在庫の扱い方などについて考えてきます。

③原価管理
原価の管理は、自社の利益率を正しく把握するために重要です。原価管理が正しくできなければ、購買管理も在庫管理も正確にできなくなります。原価の計算が的確にできているかどうか、原価を改善するにはどのようにしたらよいか考えていきます。

④外注管理
経営資本の乏しい中小製造業にあって、外注先との関係は非常に重要です。外注先の品質が、自社の品質であると顧客からは判断されるため、品質管理は特に重要です。外注先の選定基準、上手な外注先との付き合い方についてのコンサルティングを行います。

⑤物流管理
物流管理の差が、企業力の差になることが多々にしてあります。原料や資材の調達の物流、外注先との間で生じる物流、出荷先への物流と、サプライチェーンにおいて物流の占める割合は大きいです。上手な物流管理のポイントについて考えます。

⑥品質管理
品質管理は商品そのものの顧客の評価に直結するため、重要なことは言うまでもありあせん。品質管理の基準は自社ではなく顧客にあるべきです。顧客主体の品質管理活動は、製品の品質と仕事のやり方を総合的に維持・改善する活動へとつながります。顧客主体の品質管理を行っていくためにはどうしたらいいのか、クレームや返品にはどうしたらよいのかその対策を考えます。

⑦安全性管理
安全性管理は衛生管理と安全管理の2つからなります。生産活動を行う上で最も基礎となる部分です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 経営創研 All Rights Reserved.