250名の実務コンサル集団

事業内容

  • HOME »
  • 事業内容

事 業 内 容

○行政グループ「指定管理者制度関連コンサル」
・指定管理者受託コンサルティング
事業への参入決定から、応募先の選定、事業計画作成、プレゼンテーション、応募支援のコンサルティング、そして指定管理者獲得後の第三者評価、業務改善、業務マニュアルの作成、さらにはマネジメントシステムの構築まで、お客さまの指定管理者制度事業を全面的にサポートしています。
・指定管理者制度第三者評価
指定管理者第三者評価は、公の施設として管理運営水準の一層の向上を図るためのモニタリング制度のひとつで、管理運営が適切にできているかどうかを第三者が客観的に評価します。

○福祉サービスグループ「福祉サービス第三者評価」
・福祉サービス第三者評価
福祉サービス第三者評価は、①利用者のサービス選択及び事業の透明性の確保のための情報提供
②事業者のサービスの質の向上のための気づきや取組みの促進、の2つにより「利用者本位の福祉」の実現をはかることを目的としています。そのために「第三者の眼」で評価することが大切です。

○認定支援機関グループ
・認定支援機関活用のメリット
経営創研は中小企業診断士等250名のコンサルタントを擁する認定支援機関です。
中小企業・小規模事業者が認定支援機関の支援を受けるメリットは次の3つに要約されます。
1.補助金や公的金融支援等を活用できる
2.経営力の強化を図ることができる
3.対外的な信用力の強化につながる

〇経営番頭グループ
・経営番頭サービス
中小企業の社長が考える、会社の課題に対応できる人材を中小企業では大企業のように全て自社でまかなうことができません。そのような中小企業の人材難の解決にお役に立てるのが経営番頭サービスです。
経営者の不得意分野(経理・財務・総務・人事・製造・営業等)の強化が図れます。

〇経営コンサルグループ
・250名のコンサルタントがご提供するコンサルティングサービス
経営創研はお客様のいかなるご相談にも250人のコンサルタントの中から、スピーディーに適切な人材を選出し、コンサルティングや研修、調査など必要な形でソリューションをご提供いたします。

〇研修センター
・「個」の能力を高め、「学習する組織」へと変革するセミナー・研修プログラム
激しく変化し複雑化する社会になり、個としても組織としても学習し続けることが、全ての企業に求められるようになりました。コミュニケーションの苦手な人が人間関係をうまく築く。リーダーとしての役割とやるべきことを理解し組織を活性化させる。「個」の能力を高め、常に「学習する組織」に変革することで“強い会社”へと成長します。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 経営創研 All Rights Reserved.